2012年1月アーカイブ

No.73625

アカオス スズオ

84cm*66cm

 

DSC_0594.jpg

26日は、網の下からアカウミガメが上がってきた。網に入っていないが引っかかって息が苦しい様子。でも、多分無事に逃げれたと思う。

今日よりしばらく撮影の旅に出ます。

ウミガメ情報は、帰ってからとなります。

No,73617

43cm*37cm

アオウミガメ シーズ

 

水揚げ船に乗らず、写真なし。

 

カメノマクラは、そのまま亀の枕。

ウミガメが枕にして寝ていた、流木、のことを指します。

 

大海原でウミガメが流木を枕にして、

仰向けで足でも組んで、イビキをかいている。

 

そんな、イメージですが、僕が先日見たのは、流木の横から、パッたんパッたんと

手が出ている姿で、枕を回して遊んでいるようでした。

 

水中カメラを持ち船縁に座っていた僕は、そっと入水し近づいて行きました。

その時撮ったのがこの写真。

 

000018-2.jpgこの流木が、カメノマクラです。

この木は、実は凄いのです。

漁師さんでも一生に一度見ることができるかわからない、

というほど珍しいもので、大漁の神として祀られるといいます。

とても縁起の良いものなのです。

しかも、ウミガメは龍神として(竜宮城?)祀られることもあるので、

今年は実は、ウミガメ年、なのかもしれません。

 

ウミガメが寝ている写真?

次に出会うまで、おあずけされました。

でも、出会いますよ、きっと。

 

今年もよろしくお願いします。

 

                                      久米 満晴

 

 

 

 

No.73619

アカウミガメ オス サル

81cm×61cm

DSC_0584-1-15.jpg

No.73679

アカウミガメ メス ココナ

78cm×64cm

13日に入ったもう一頭。

 

DSC_0568 (2)-73679-1-13.jpg甲羅に割れた跡があり。

 

DSC_0574-73679-1-13-割れ.jpg 

No.73678

アカウミガメ メス ケイ

64cm×53cm

2頭入ったのは今シーズン初。

DSC_0580-73678-1-.jpg

No.73681

アカウミガメ メス グラ

72.5cm×59cm

 

 

DSC_0568-1-10.jpg下り潮超速い

No.73677

アカウミガメ オス キッド

87cm×66cm

 

DSC_0555-1-8.jpg

ウミガメを追いかけるために手に入れたmoonbowⅡ。

2012年、正月から始動開始。dyt2012-1-10287-DSC_0510-b.jpg

目指すはクチエラブ島。種子島のすぐ隣り屋久島、の隣りの島。

素敵な港があるところ。

ウミガメを探しながらの旅だ。

家族が帰省しているため、僕と犬のポーの二人旅。

まずは初詣と安全祈願に家の近くの神社へ。

 

予定は大晦日に出るはずだったが、いろいろあって正月に。

 最初は、順風満帆。

dyt2012-1-10297-DSC_0523-b.jpgだんだん雲行きが怪しくなってきた。

そして、時化てきた。日が暮れてきた。予報よりも強い風が吹いてきた。

dyt2012-1-10305-DSC_0530-b.jpg夜通し走るつもりが、種子屋久海峡で3回波を体で受けて、カッパの首から海水が長靴まで入り、戦意喪失。帆をしまいたくても、ひとりなので、舵から手を離せない。突風にヨット制御不能になり、大慌ての連続で、またまた戦意喪失。

しかも、天気予報はだんだん風が強くなる予報に変わってる。

そこで、屋久島の島影でやっとの思いで帆をしまい、予備エンジンで風上の屋久島の安房港へ夜10時ころ入港。

dyt2012-1-10308-b.jpg

ここまでの航跡。

dyt2012-1-10306-DSC_0532-b.jpg朝の安房港。

dyt2012-1-10355-DSC_0539-b.jpg漁師のサーファー友達に、正月2日から突然現れた僕に朝ごはんを頂き、サーフポイント見て温泉へ。

dyt2012-1-10334-b.jpg

 

dyt2012-1-10358-b.jpg

昼過ぎまで強い風が吹き荒れ、待機していたが弱まってきたのでさて出航、と思ったら、エンジンがかからない。夕方から修理。沖で故障したら頼る人はいないので、自分でなんとかしようと、電話をかけて、修理方法を教わり、夜中の12時まで格闘するも治らない。

 

 

 

朝6時、もう帰らなきゃいけない。

漁師サーファー仲間に、港の外までヨットを引っ張ってもらい、種子島へ出航。

dyt2012-1-10361-b.jpg

ちょっと勝負だ。緊急時の予備エンジンがない。dyt2012-1-10298-DSC_0538-b.jpg

前の航海のようにマストが折れたり、セイルが破けたら漂流してしまう。

しかも、母港に入港するとき、エンジンがなければ、港に入りにくい。

携帯の充電も残りわずか。

風も時折突風が吹き付ける。

キャビンに入れて、なかなか様子の見れない、犬のポー。

はじめての航海に、それでもなんとか適応している。

 

朝日が上がる。

さあ、種子島にたどり着けるだろうか?

dyt2012-1-10368-b.jpg  

岬をすぎると、風上に上らなければいけなかった。

どれだけ、風上に上れるか、不安があった。

自分に不安があった。

それでも、moonbowⅡと仲良くなれた気がする。

思い通りのコースで母港に近づいていった。

少ない携帯で仲間に電話すると、なんと港でヨットをみててくれているという返事。

船外機で迎えにきてくれ、無事接岸。

 

dyt2012-1-10369-DSC_0542-b.jpg

僕の正月は、ここに座り、ずっと海と風の中にいた。

dyt2012-1-10379-DSC_0545-b.jpgんー、正月から海でひとり(犬もいたけど)。

dyt20132DSC_0547-b.jpgいい時間であり、いい経験でした。

でも、ウミガメを見つける余裕のない、セイリングだった。

なんとかできたことが自分への自信につながった。

でも、仲間に助けられてるんだとも思った。

そして、自然は偉大だった。

 

太くなった自分の指が、少し好きになった。

 

 

 

 

 

No.73680 アカウミガメメス カナエ

73cm×56.5cm

小さいフジツボが沢山付いていた。

DSC_0551-2-1-4.jpg 

No.73618 アカウミガメメス オシン

80cm×61cm

 

定置網漁初日に、ヨットの旅からトラブルで帰れず、仲間の取ってくれた記録です。

 

 

2012010307120000-2-1-3.jpg

No.73615 アカウミガメオス えっへー

74cm×65cm

 

23年最後のウミガメ。

日本ウミガメ協議会の方の話で、アカウミガメのメスは日本近海におよそ5000頭しかいないという報告を聞いた。

このオスは出会えるだろうか?

 

DSC_0506-2-12-31.jpg

DSC_0506-2-12-31.jpg