2009年1月アーカイブ

20090125135656.jpgとにかく寒い朝の漁を終え、1日が始まった。
雨が降ったり晴れたりの繰り返し。虹日和。
子供三匹乗せた車は、虹探しのドライブへ。
陽が高い時間は、虹が低い。山の手前に見える虹に、大興奮の子供達。
いつまでも、虹を探して、見つけて、喜ぶ、そんな人でいて欲しい。
20090123160740.jpg今日宇宙に向けて、ロケットが打ち上がった。
でも今回は打ち上げ写真が撮れなかった。見学に訪れた大臣と国会議員の方々の撮影の仕事だったから。
写真は打ち上げ直後の発射台。格納庫から手前の道を通って発射台にセットされる。サンダーバードの世界だ。こんな所に入れたのは仕事のおかげ。今回の打ち上げ写真は、ロケットのないこの写真がベストショットとなりました。
国の政治も宇宙も僕も、表には現れない一本の途切れない道から始まるのかな、なんて思った。
20090120111221.jpg朝から漁に出た後、網代え作業が1日あった。
いつも泳ぎの役につくのだけど、ちょっと調子が悪く、船の上の作業。
なんだか例年より気温が高い日が多い。そして水温も高い。魚も捕れない。財布の中だけは寒い。

脱皮

| | トラックバック(0)
20090117075223.jpg 島にもどり、今年は続けている定着網漁後のビーチラン。
今日は脱皮間もないカニの抜け殻発見。
人間も脱皮したら面白いのに。
気持ち悪いか。
20090117065622.jpg 1/17 定置網漁にて
アカウミガメ オス
甲羅サイズ 75×75
甲羅サイズが縦横同じ

朝6時

| | トラックバック(0)
20090115172037.jpg今日は6時にホテル到着。朝の、である。朝までスナックで飲むなんて、ここ何年も記憶にない。写真を飾ってくれてる三宿のガルズで飲み、その後、初めて東京で写真展をした時の写真を飾ってくれている店へ。そこが、1月いっぱいで閉めるというのだ。
僕の家の屋根が台風で飛ばされた時、店に募金箱を置き、お客さんからカンパを集めてくれた優しいママの店。
何でも終わりというのは寂しい。
今回の上京もこれでおしまい。夏の動きが見えてきた。カメの写真と話しをしに、短い期間だろうけど日本を回ろうと思う。
カメには夢があるから、クメにも夢がある。
20090114204200.jpg今年の夏の計画をたてに、東京に来ています。
朝から晩まで予定ぎっしり。電車に乗っては降りてのくり返し。こんな自分も昔東京で二年間サラリーマンをしていた。あのまま暮らしていたら、今頃何をしているだろう。
ふと時間が空いたので、高校の友達がフライパンを振っている吉祥寺の中華料理屋、中華一番に行った。
僕はメニューに麻婆麺があれば、それを頼むことが多い。なくても頼んでしまうほど好きで、小学生の時にその美味しさ出会って以来だから、もう長い。
それを知っている友達へ、僕が来たよ、とメッセージを送るため、メニューも見ずにオーダーをする。厨房の中から顔をあげてニヤッと笑う友達。三年振りの再会。
やはり地元はいい。
20090110063718.jpg1/10 アカウミガメ オス
    甲羅サイズ 84×75
    取付タグNO.57263
フジツボ 3個付着
20090109064739.jpg1/9 アオウミガメ オス 定置網漁にて
   甲羅サイズ 71×64
   取付タグNO.57148

イオリ0105.jpg 1/4 タイマイ 定置網にて
   甲羅サイズ42×39
   取付タグNO.57205
左足なし
アズサ0103-1.jpg 1/3 アカウミガメ メス 定置網漁にて
   甲羅サイズ80×76
   取付タグNO.57204

マグロ延縄の糸に絡んでいた。
20090108154425.jpg大漁旗に囲まれ、毎年昼間から大酒を飲む漁師の新年会。
年々人が減り、挨拶は漁獲量減少と魚価の低迷が続くけれど頑張りましょう。という話しばかり。高齢化も進んでいる。
今の不景気よりずっと前から、不景気の続いている漁師の世界。
大漁旗のように、心の底から華やかな気分でお酒が飲める日は、いったいいつくるのだろうか?
20090103073750.jpg今年も毎朝の定着網漁に、たまにウミガメが迷い込んできています。
彼女は3日に入った今年の初ガメ。
今年は「あ」から名前を付けていこうと思うので、「あずさ」にしました。記念すべき第一号は船の先頭の娘の名前です。もう既に「う」までいっていて、今後データをどこかに整理して載せていこうと思います。
今年は何匹出会うでしょうか。

間寛平さんのヨットの旅が気になります。アカウミガメと同じ太平洋横断。いつかは自分も、そうあずさちゃんに語りかけてみました。
20090102153611.jpg明けました。
おめでとうございます。
島の正月は、元旦こそヒョウが降るほど寒かったものの、2日からはポカポカ陽気。
2日は、仲間と山に入って探検するのが恒例だけど今年は川へ。仲間がカナディアンカヌーを手に入れたので、浸水式だ。
水面をエンジン音もなく、スイスイ進むのは心地よい。満潮時だけ水のあるマングローブの入江は、太陽を反射させた水面が眩しく、光に吸い込まれていくようだった。
正月は今年の目標を考えるいい機会。
ウミガメのこと、多くの人に知らせたいことは変わらないけれど、もっともっとウミガメのこと知りたいし、写真に撮りたい。
それには、もっと仕事と研究と家族と遊びのバランスを整えなければと思う。
クリスマスに僕の好きな脳学者茂木健一郎さんの本を妻がくれた。
今年は茂木さんの考えを実践して、茂木さんに近づくことを目標にしてみようと思う。
サーファーなのに憧れは茂木さん。
そのバランスは悪くないと思う。