2007年12月アーカイブ

ワープ

| | トラックバック(0)
img_492211_38668978_0.jpg子供の頃、普段歩いて通う通学路を、走って学校まで行って思った。

もし歩いていたらまだ学校についていない。
時間をワープしているのではないかと。

先日、家にトレイルランナーの石川弘樹さんがやってきた。
トレイルランとは山道やハイキングコースを走る人のこと。
彼はアメリカで年間に4回行われる100マイルレース(160キロですよ)をすべて完走し、
合計タイムで一番だったという、本物のトレイルランナーだ。

一緒にサーフィンして、彼のシーズンオフをゆっくり過ごす。
トレイルランの面白さについて聞いてみた。

遠くまで時間をかけずに行けるので、いろんな景色が楽しめる。
彼は時間をワープしながらも、景色を楽しむことも忘れない。